乾燥肌に困った 乾燥肌を改善するには化粧水よりも美容液

肌の乾燥は美容の大敵です。カサカサして、粉がふく、ひび割れるなど。いろいろと肌を汚く見せるトラブルが出てきます。
ここでは乾燥肌を改善する方法をまとめました。

乾燥肌

1.保湿成分を与えましょう

保湿はスキンケアの基本です。
ですから毎日している人が多いでしょう。
にも関わらずに、肌が乾燥する事に悩んでいる人がいます。
そこで質問ですが、ひょっとして化粧水をつける事が保湿ケアと思っていませんか?
もしそう思っているのなら乾燥が改善しないのも当然です。正しい保湿ケアとは何かというと、肌内部の水分を抱えて離さない、保水力のある成分が入っている美容液などを与える事なのです。

セラミドやヒアルロン酸を配合している美容液を肌に与える事です。
これが本当の乾燥肌対策になります。

2.化粧水スプレーがお勧めできない理由

よくスプレータイプの化粧水を使う人がいます。
でもこれでは化粧水が乾く時には肌の水分まで一緒に蒸発して奪われます。
ですからかえって乾燥を招きます。肌に潤いを与えるためには、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を含んでいる、美容液を使い乾燥している部分に軽く押さえるようにしてつけます。
こうすればメイク崩れも起こりません。

3.日中には乾燥してしまう理由

日中にはもう、肌が乾燥してしまうという理由は、普段の保湿ケアが不足しているからです。中でも朝のケアではファンデーションが崩れるという理由から、乳液やクリームなどをつけない人もいます。
しかし、日中に乾燥していては問題です。
キチンと肌になじませてから、ファンデーションを塗れば問題はないはずです。
普段使っている保湿ケアアイテムを見直してみましょう。朝もキチンと保湿する事が大事です。

4.保湿パックを使う

乾燥肌の人はメイクのノリが良くない事が多いです。
乾燥肌の人の角質は厚くなっています。
セラミドが入っている化粧水を使用しても、浸透がうまくいきません。
このような時には保湿パックをしてみましょう。
パックというと、シートタイプもありますが肌に伸ばすと固まるタイプの方がいいでしょう。
密閉性が高い事から、水分の蒸発を防ぐ事ができてうるおいを肌の奥までしっかりと送り届ける事ができるからです。
パックの後は洗い流すだけでいいので、朝のスキンケアにももってこい、です。メイクのノリも良くなります。

5.乾燥がひど過ぎる時にはクリームを使う

乾燥がひどい状態になると、肌のバリア機能が落ちてしまい肌荒れになります。
化粧水がしみたり、痒みを感じたりする事もあるのです。
こんな時にはしみるものは控えて、ワセリンとか刺激の少ないクリームを使い、水分の蒸発を防ぐだけにしましょう。
また乾燥して肌が荒れている時でも、紫外線対策は重要です。クリームをつけた後に、パウダーファンデーションなどを重ねるといいでしょう。

足の保湿についてはこちら

・まとめ

粉がふいたり、カサカサの肌になって潤いを感じられない肌になる乾燥肌。
美容の大敵である乾燥肌対策には、化粧水を塗れば大丈夫、と多くの人が思っているかもしれません。
でも、大事な事はセラミドやヒアルロン酸を含んでいる化粧水でケアする事です。
今まで化粧水を塗っておけば大丈夫、と思っていた人は改めましょう。